NHSL 株式会社 新組織科学研究所

NHSLは病理組織標本作製と評価のプロフェッショナルとしてお客様に「最高の満足」をご提供致します。 «納品物を評価する»
研究用試験サービス

スフェロイド細胞とPDSX*1モデルによる試験サービス

ヒト由来がん幹細胞スフェロイド細胞とPDSXモデルによる試験サービス&研究用病理標本作製画像解析・判定サービスを始めました。

京ダイアグノスティクス株式会社(以下「京Dx」)、京都大学医学研究科との提携で、細胞株由来ではなく、高品質な薬剤感受性を示すヒト由来がん幹細胞スフェロイドとPDSXを用いた試験受託サービスをご提供します。 従来のがん細胞株PDXよりも利点のあるモデルです。さらに、in vitro・in vivo含めて弊社の高品質な病理標本作製&解析サービスを皆さまの研究開発にお役立て下さい。

【試験スキーム】

*1:Patient-Derived Spheroid Xenograft


【薬剤感受性試験】in vitro / in vivoには2種類があります。本試験は京Dxで実施します。

【1】 京Dxが管理する多くの大腸がん幹細胞スフェロイドおよびそのスフェロイドを利用したPDSXを用いた試験
【2】 医療機関から提供される患者由来のがん組織(臓器)提供を受けてからのスフェロイド確立~PDSXを用いた試験
>>大腸がんスフェロイドを用いたin vitro薬剤感受性試験


  • 【1】または【2】の大腸がん患者の摘出腫瘍から確立したがん幹細胞スフェロイドを用います。
  • 薬剤感受性と患者の治療成績の相関が示されている株【1】もあります。
  • 受託試験としてこれらのスフェロイドを用いた薬剤感受性試験をご提供いたします。

>>大腸がんスフェロイドを移植したPDSXマウスを用いたin vivo薬剤感受性試験


  • 【1】または【2】の試験が可能です。
  • PDSXは、従来型のPDX (Patient-Derived Xenograft)と比較して、生着率、信頼性、再現性が高く、所要時間が短い試験が可能です。
  • PDSXは、細胞株ではなく患者由来スフェロイドを用いることで大腸がん原発巣と類似の組織像を再現することができ、臨床試験に近い条件で薬剤感受性を調べることが可能です。
  • 受託試験としてPDSXを用いた試験をご提供いたします。

【研究用病理検査】本試験は弊社で実施します。

【A】 弊社オリジナル技術のCBMA*2(Cell Block Micro Array)CTMA*2(Clipping Tissue Micro Array)が有効です。
【B】 形態学確認染色(HE、特殊染色)、免疫組織染色*3、ISH(DNA-FISHRNAscope*4)の染色が可能です。
>>構造解析、機能解析に多用な染色・解析/ 判定を提案できます


  • 弊社は免疫組織染色*3では豊富な染色経験・知識があり、抗体の染色条件探索サービスも充実しています。
  • RNA1コピーから検出可能で、既存販売プローブ種が1万以上のRNAscope*4も受託可能です。

【納品物:注意事項】

  • 納品は薬剤感受性試験結果報告書、病理検査(WSIデジタルデータまたは解析・判定報告書)です。
    京Dx所有がんスフェロイドパネルおよびそれを用いたPDSXマウス(個体および臓器)と病理検査標本の納品はできません。

京Dxと弊社の提携

近年、がん患者から摘出したがん組織を免疫不全マウスに移植するPDX(Patient-Derived Xenograft)技術が普及し、重要な研究手法となってきております。また、ヒト由来の細胞をin vitroでスフェロイド(またはオルガノイド)培養する技術も確立されてきており、これらの手法を用いて個別のがんに有効な治療薬や再生医療の研究が盛んに行われています。
京都大学医学研究科 武藤誠先生のグループは、正常幹細胞をスフェロイド培養する技術を応用して、がん患者由来の大腸がん組織からスフェロイドを効率的に培養、保存することに成功しました。 さらに、体外で培養したがん幹細胞スフェロイドを免疫不全マウスに移植することによって、PDXと比較して樹立までの期間が短く、移植がんの大きさにばらつきが少なく、精度高い研究が可能なPDSX(Patient-derived spheroid xenograft)を開発しました。PDSXを用いた抗がん剤の効果と患者の治療成績はほぼ一致することも報告されています。 この技術を元にスタートした京Dxと弊社の病理標本作製技術の協力により創薬や再生医療研究に利用いただける試験提供を開始します。

*2:1スライド上で最大21core/組織の染色が可能です。操作時間や試薬量の節約等、多くのメリットがあります。
*3:「この蛋白を染色できないか?」「この抗体は使えるのか?」といった解決策を提案・実施可能です。
*4:免疫染色で検出できない蛋白の存在可能性をRNAで検出します。1万種以上のRNAが検出可能です。

< 文献 >

Miyoshi, H., Maekawa, H., Kakizaki, F., Yamaura, T. Kawasa, K., Sakai, Y. and Taketo, M. M.
An improved method for culturing patient-derived colorectal cancer spheroids. Oncotarget 9, 21950-21964(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29774115
Maekawa, H., Miyoshi, H., Yamaura, T., Itatani, T., Kawada, K., Sakai, Y. and Taketo, M. M.
A chemosensitivity study of colorectal cancer using xenografts of patient-derived tumor-initiating cells. Mol. Cancer Ther. 17, 2187-2196 (2018)(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29970483

パンフレットはこちら