NHSL 株式会社 新組織科学研究所

NHSLは病理組織標本作製と評価のプロフェッショナルとしてお客様に「最高の満足」をご提供致します。

GLP試験:病理組織標本作製

私たちはGLPにおける安全性試験の部分受託として、病理組織標本の作製を行っています。

  • 医薬品医療機器総合機構(医薬品GLP)によるGLP施設確認(平成26年11月、薬機発第1126079号)<7回目>
  • 厚生労働省医薬食品局による(化学物質GLP)による化学物質GLP適合状況についての評価
    (平成27年1月、薬食発0130第8号)<4回目>
  • 農林水産省消費・安全局(農薬GLP)による農薬の毒性及び残留性に関する試験の適正実施に係る基準適合確認(平成27年4月、26消安第3725号-1)<4回目>
  • 複数場所試験における試験場所として、試験の一部受託(病理組織標本作製)を実施します。
  • 病理組織標本作製に特化した施設として、標本作製に最適な作業場所(GLP区域)を保有しています。
  • 標本作製の作業過程を詳細に記録し、試験の再現性を確保します。
  • QAUによる調査を実施し、試験の信頼性を担保します。
  • 試験の信頼性基準に準拠した非GLP試験の標本作製も実施します。
医薬品GLP
化学物質GLP
農薬GLP

 GLP  回数  査察  番号
 医薬品GLP  初回  1995年2月  医機発76号
 7回目  2014年9月  薬機発第1126079号
 農薬GLP  初回  2006年1月  17消安第8601号
 4回目  2014年12月  26消安第3725号-1
 化審法GLP  初回  2006年5月  薬食発第0515001号
 4回目  2014年9月  薬食発0130第8号
GLP施設に適した標本作製
  • 試験目的やご要望に応じた染色標本を作製します。
  • 微小な病変部も確実な手技で標本上に表現します。
  • 長期保存が可能なパラフィンブロック標本を作製します。
  • 検体の輸送トラブルを避けるため、宅配便を利用せず直接お伺いすることも可能です。

GLP試験による病理組織標本作製の実施フローチャート

GLP試験による病理組織標本作製の実施フローチャート